/

この記事は会員限定です

東光鉄工、風雨に強い多目的ドローン 災害時に活躍

[有料会員限定]

東光鉄工(秋田県大館市)は風雨に強く飛行時間が長い多目的防水ドローン(小型無人機)を製品化する。大地震や豪雨といった大規模災害時の被災者発見や誘導に使えるように改良。2019年2~3月にも発売し、消防や警察などの需要を見込む。このほか、エンジンと蓄電池を組み合わせた機種なども開発中で、拡大するドローン市場を開拓する。

新開発のドローンは風に向かって歩きにくくなるほどの強さである風速毎秒15メートル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り717文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン