/

この記事は会員限定です

ラクスル、トラック版「ウーバー」で狙う14兆円市場

証券部 松川文平

[有料会員限定]

印刷や物流サービスを展開するラクスルへの市場の期待が高まっている。2018年7月期の単独税引き利益はわずか1500万円だが、時価総額は880億円を超える。株価は5月の上場から6割高の水準にある。目指すは米ライドシェア大手ウーバーテクノロジーズのようなプラットフォーム企業だ。

「当社は物流会社でも印刷会社でもない。ネットを使って世の中の仕組みを変えていく会社だ」。松本恭攝社長は力を込める。

同社の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン