中国半導体メーカー、欧州から最先端装置 イノトロン、ASMLと交渉へ

2018/10/22 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=鄭婷方、伊原健作】中国の新興半導体メモリーメーカー、合肥長鑫(イノトロン)が、半導体製造装置大手の蘭ASMLから最先端の装置導入に乗り出すことが分かった。中国は米国との貿易戦争やハイテク摩擦が激しくなり、米国からの技術導入が難しくなっている。産業革新のカギを握る半導体の発展に向け、欧州からの装置調達に活路を求める。

イノトロンの朱一明・最高経営責任者(CEO)が週内にも訪欧し、蘭ASML…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]