「FRBの独立を尊重」 米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長
米経済へ対中関税の影響大きくない

2018/10/22 17:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=藤井彰夫】ケビン・ハセット米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長はワシントン市内で日本経済新聞の取材に応じ「金融政策は米連邦準備理事会(FRB)の独立性を尊重する」と述べ、現在の利上げ路線には反対しない考えを示した。

トランプ米大統領はたびたびFRBの利上げ路線を批判する発言をしているが、ハセット氏はこれは支持者を意識した「大統領個人の意見だ」と指摘。政権としてFRBの政策運営に介…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]