/

この記事は会員限定です

ワークマンと出川さん、ぶれない「芸風」

[有料会員限定]

今年放映したドラマで女性が男性に対して「私があなたを好きな理由を、あなた自身は気づいていない」という内容のセリフがあった。まさにマーケティングの世界。自分の本当の魅力を気づかずに機会損失につながるケースは多い。

その代表例がワークマン。言わずとしれた建設現場など作業着専門の小売りチェーンだ。5年前に作った中期経営計画では「プロ人口の減少」に危機感を強め、業務効率アップなどを優先していた。アウトド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

大型ヒット商品が生まれにくい時代に勝つマーケティングとは何か。その発想や条件を探ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン