JVCケンウッド、基幹系をNECのデータセンターに移行

2018/10/22 13:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

NECは2018年10月19日、カーナビゲーションシステムや業務用ビデオカメラなどを手掛けるJVCケンウッドが基幹系システムと情報系システムを、NECのクラウド基盤サービスとNECのデータセンターに移行したと発表した。2018年7月から本格稼働しているという。

会計や調達、CAD(コンピュータによる設計)、EDI(電子データ交換)といった基幹系システムの物理サーバー群を、旧データセンターからNECの神奈川データセンターに移した。グループウエアや社内ポータル用システムは旧クラウド環境から、NECのクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」に仮想サーバー単位で移行した。

JVCケンウッドにおけるシステム移行プロジェクトの概要(出所:NEC)

JVCケンウッドにおけるシステム移行プロジェクトの概要(出所:NEC)

移行プロジェクトは移行前の調査や準備、移行作業などを4カ月間で完了させた。移行対象の物理サーバーやネットワーク機器は合計約300台。これを2日間の業務停止期間のうちに仮想サーバーとともに移行し終えたという。一連の移行でJVCケンウッドはBCP(事業継続計画)に関する体制を強化したり、運用管理コストを50%削減したりできたという。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 西村崇)

[日経 xTECH 2018年10月19日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]