2018年11月15日(木)

台湾で特急列車脱線 18人死亡、160人超が負傷

中国・台湾
社会
2018/10/21 20:43 (2018/10/22 0:33更新)
保存
共有
印刷
その他

【台北=伊原健作】台湾北東部の宜蘭県で21日午後4時50分(日本時間同5時50分)ごろ、新北市樹林発台東行きの特急列車が脱線した。台湾当局によると、18人が死亡、米国人を含む160人以上が重軽傷を負った。死傷者に日本人は含まれていないという。

21日午後4時50分(日本時間同5時50分)ごろ、特急列車が脱線=AP

8両編成の列車には366人が乗車。現地メディアの映像では複数の列車が脱線・横転しており、現地の消防や国防部(国防省)などが救助活動に当たっている。事故原因は不明。台湾当局は一時、死者数を22人としていたが、訂正した。

現地メディアによると、脱線した列車は北部と南東部を結ぶ特急列車「普悠瑪(プユマ)号」。車両は日本車両製造(本社・名古屋市)から購入した。事故は東部・台東県の台東駅に向かう途中の宜蘭県蘇澳鎮にある新馬駅付近で発生したという。台湾東部には景勝地、太魯閣渓谷などがあり、列車の乗客には観光客が多いとみられる。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報