/

九電が最大規模の出力抑制 太陽光発電、4回目

九州電力は21日、一部の太陽光発電を稼働停止する「出力制御」を実施した。離島以外で出力制御したのは4回目。この日は最大時93万キロワットを止め、これまでで最も大規模となった。九電は今後も電力の需給バランスが崩れて大規模停電が起きないよう、必要に応じて出力を調整する。

九電は21日朝、発電を止める必要のない11件の発電事業者に対し、専用システムを通じて誤って指令を出したことも明らかにした。すぐに撤回し、実際には停止しなかった。九電では14日にもシステムの不具合が発生している。

21日は休日で工場の稼働が少なく、気温が低いことから冷房利用も少なかった。九電は火力発電を抑えたり外部に送電したりしたが、晴天で太陽光発電が伸びたことなどで余剰電力が発生。出力を減らす必要が生じた。

電力はつくりすぎると周波数が乱れ、大規模な停電を招く恐れがある。電力会社は太陽光発電が多い時は火力などを抑えて調整している。ただ太陽光の発電量が増えすぎるとそれだけでは調整しきれなくなる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン