/

ライチョウ成鳥2羽死ぬ 繁殖事業、富山の動物園

国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖に取り組む富山市ファミリーパークは20日、飼育中の成鳥2羽が死んだと発表した。雄と雌で、死因はそれぞれ急性出血性盲腸炎と肺炎だった。

同パークによると、雄は北アルプスで2016年6月に採取した卵からふ化。19日昼から食欲がなくなり、粘液状の血便が確認された。雌は大町山岳博物館(長野県大町市)で飼育する個体の産んだ卵を同パークに移し、17年7月にふ化。17日午後から食欲が低下していた。

抗生剤を注射するなどしたが、雄は20日早朝に、雌は同日午後に死んでいるのが確認された。2羽とも繁殖事業でつがいにはしていなかった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン