漫画で戦争展 若者に届け 京都造形芸術大(キャンパス新景)

2018/10/21 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

時計を取り上げるソ連兵、爆弾テロ、飢餓などに苦しみながら乗り込んだ引き揚げ船――。戦中から戦後にかけての満州(現中国東北部)の様子を描いた49点の漫画が、戦争の実情を伝えていた。京都造形芸術大(京都市左京区)で9月24~29日に開かれた漫画展「ヘイセイ」だ。

芸術学部の学生14人が、戦後引き揚げ者の労苦などを伝える平和祈念展示資料館(東京・新宿)と協力して企画。赤塚不二夫さんやちばてつやさんら漫…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]