/

この記事は会員限定です

石炭火力、保険引き受け停止相次ぐ

欧州大手、新設一段と困難に

[有料会員限定]

石炭火力発電事業向けの保険引き受けを停止する動きが世界で相次いでいる。独アリアンツグループや独ミュンヘン再保険、スイス再保険などが引き受け停止を表明した。地球温暖化や環境汚染の抑制に対して、金融機関側も一定の責任を負うとの意識が広がっていることが背景にある。

新設する石炭火力発電や石炭採掘事業向けの損害保険の引き受けを停止するケースが多い。仏保険大手アクサグループが2017年4月、石炭火力のみに頼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン