/

この記事は会員限定です

米中間選挙変えるSNS候補 デジタル広告は2000億円

データ活用が勝敗左右

[有料会員限定]

11月の米中間選挙では候補者の交流サイト(SNS)活用が焦点になっている。利用者の属性や興味・関心のデータから支持を訴える層を分析するSNS戦略が広がり、無名候補にも知名度向上の道を開いた。資金が乏しくてもアイデア次第で現職を脅かす可能性を秘める。

いまや米成人の7割弱がニュースを得る媒体として使うとされるSNS。調査会社ボレル・アソ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン