/

JR北海道、19年10月に運賃値上げ 40億円の増収見込む

経営再建中のJR北海道は20日、消費増税が予定される2019年10月に鉄道運賃を引き上げる方針を表明した。引き上げ幅は明示しなかったが、増税分を含め年40億円の増収を見込む。値上げに加え、国が19、20年度に実施する総額400億円の財政支援などがあるが、24年3月期の連結最終赤字は43億円を見込む。

北海道や国などとの会合で、19年秋の運賃引き上げ方針を示したJR北海道の島田修社長(左、20日、北海道庁)=共同

20日に北海道庁で開いた国土交通省や道などが出席した会議で、島田修社長が明らかにした。値上げ分に加え、新千歳空港と札幌圏を結ぶ快速列車の増便や観光列車の運行などで収入の上積みを目指す。一方、利用の少ない駅の廃止や資材調達の見直しなどでコストを削減する。

同社は9月に北海道で発生した地震による列車運休や復旧費用で23億円(単体)の損失が出るなどで、19年3月期の連結最終損益は169億円の赤字を見込む。国からの財政支援が21年度以降も続くと仮定しても、24年3月期は赤字体質から脱却できない見通しだ。

同社は北海道新幹線が札幌まで延伸する30年度末以降での連結黒字化を目指している。ただ、鉄道事業は今後も厳しい状況が続くことが見込まれるだけに、黒字化は容易ではない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン