/

この記事は会員限定です

始動する臨海部経済圏 「NEO TOKYO」こんな街に

[有料会員限定]

東京臨海部の広大な敷地を舞台に、大型マンションやホテル、オフィスなどの複合的な開発が急ピッチで進んでいる。東京五輪を控え、開発の波が押し寄せているのだ。新たな成長地域「ネオトーキョー(NEO TOKYO)」が姿を現す臨海部経済圏の可能性を探った。

五輪起点に大開発 タワマン・ホテル・オフィス続々

「開通すれば、新橋方面に行くのがすごく便利になる」。9月中旬、東京都が開催した幹線道路「環状2号」の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4592文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン