「日本ワイン」深く味わう旅 風土・造り手知る

2018/10/20 15:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ワインを味わうだけでなく、それを生んだ産地を訪ねて風土、人間、文化に触れて「味わおう」というワインツーリズムが人気だ。原料まで純国産の「日本ワイン」の評価の高まりを背景に、一部のワイン通だけでなく幅広い層の興味を誘っている。地域の名産品や観光資源の理解にもつながり、味わいも深まる新たな体験「ワインを巡る旅」が広がっている。

長野県飯綱町にあるワイナリー、サンクゼール。9月30日、ブドウ収穫体験を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]