/

この記事は会員限定です

狩猟のリアル、漫画で 漫画家兼猟師 岡本健太郎さん

発信

[有料会員限定]

山海に入り、獲物を捕って食べる――。そんな生活を描いた漫画が若者を中心に人気を集めている。漫画家兼猟師の岡本健太郎さん(41)が2011年から漫画誌に連載した「山賊ダイアリー」。若者が狩猟免許を取得するきっかけになり、高齢化が進む狩猟界に一筋の光をもたらしている。

「イノシシの足跡は西に抜けている。このまま行けば獣道に当たるはず」「まだ子供か、撃ちたくないな」

描かれているのは生きるものと格闘する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン