2018年12月17日(月)

サウジ皇太子の信頼と権威失墜 記者殺害
中東混乱に拍車、早期の幕引き難しく

サウジ記者殺害
中東・アフリカ
2018/10/20 12:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光】サウジアラビアは、行方不明だった政府批判の記者ジャマル・カショギ氏が総領事館で誤って殺されたと認めるとともに事実上の最高権力者であるムハンマド皇太子の直接関与を否定した。しかし、つじつまがあわない説明の不自然さは否めず、サウジが期待する早期の幕引きは難しそうだ。サウジとの緊密な関係を保ってきた米トランプ政権は大きな打撃を受け、中東の混乱に拍車がかかるおそれがある。

皇太子は石…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報