/

この記事は会員限定です

テック社仮想通貨流出、最大3万口座超に分散

捜査難航も

[有料会員限定]

仮想通貨交換会社テックビューロ(大阪市)から約70億円相当の仮想通貨が流出した事件で、大阪府警による捜査の難航が懸念されている。流出した42億円分のビットコインは数日のうちに最大3万超の口座に分散したことが判明。同社が流出に気付いたときは既に追跡困難だったとみられる。専門家は「不審な動きをすぐ検知できる仕組みが必要だ」と指摘する。

テックビューロによると、不正アクセスがあったのは9月14日午後5時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り848文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン