2018年12月16日(日)

サウジ疑惑が波及も 孫氏10兆円ファンド、岐路に

ネット・IT
中東・アフリカ
2018/10/19 22:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サウジアラビア政府に批判的な著名記者の殺害疑惑が、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が進める投資戦略に影を落とす可能性が出てきた。世界中でサウジと距離を取る経営者も出始める中、ムハンマド皇太子が後ろ盾の10兆円ファンドを抱える孫氏は難しい判断を迫られている。親サウジの米トランプ政権も巻き込んで築いた「投資トライアングル」の根幹が揺らぎかねない。

「何が起きているのか心配している」。16日、米…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報