27日にシリア巡り首脳会議 独仏ロとトルコ

2018/10/19 20:55
保存
共有
印刷
その他

【イスタンブール=共同】トルコ大統領府のカルン報道官は19日、内戦が続くシリア情勢を巡るロシアとトルコ、ドイツ、フランスの4カ国首脳会議が27日、イスタンブールで開催されると明らかにした。アナトリア通信が伝えた。シリア反体制派最後の拠点である北西部イドリブ県の情勢や、和平に向けた政治プロセスなどが議題となる。

ドイツのメルケル首相が9月末、ドイツを訪問したトルコのエルドアン大統領と会談後、4カ国首脳による協議の計画を明らかにしていた。メルケル、エルドアン両氏とロシアのプーチン、フランスのマクロン両大統領が参加する。

シリア内戦はロシアを後ろ盾とするアサド政権軍が優勢。ロシアと、反体制派を支援するトルコは9月、イドリブ県に今月15日までに非武装地帯(DMZ)を設置することで合意した。現地ではおおむね平穏が維持されているもようだが、シリア人権監視団(英国)は過激派がDMZ内に残っていると指摘している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]