2018年11月15日(木)

中国ネット出前勢力争い アリババVS.テンセント
膨張6兆円市場 陣営づくり白熱

ネット・IT
小売り・外食
中国・台湾
アジアBiz
2018/10/20 9:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国のネット出前サービスを巡り、アリババ集団と騰訊控股(テンセント)が激しく争っている。自宅や会社近くの喫茶店やコンビニの商品などを、コーヒー1杯からでもスマートフォン(スマホ)の簡単操作ですぐに届ける「30分配送」の利便性が支持され、2018年には約6兆円市場へと急成長が続く。アリババ系、テンセント系の新興企業が主役。両社はマクドナルドやスターバックスなど有名企業の商品配達を手掛けようと自陣営…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

通販・決済…生活を網羅 2強寡占に警戒感も[有料会員限定]

2018/10/19 22:08

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報