/

この記事は会員限定です

中国ネット出前勢力争い アリババVS.テンセント

膨張6兆円市場 陣営づくり白熱

[有料会員限定]

中国のネット出前サービスを巡り、アリババ集団と騰訊控股(テンセント)が激しく争っている。自宅や会社近くの喫茶店やコンビニの商品などを、コーヒー1杯からでもスマートフォン(スマホ)の簡単操作ですぐに届ける「30分配送」の利便性が支持され、2018年には約6兆円市場へと急成長が続く。アリババ系、テンセント系の新興企業が主役。両社はマクドナルドやスターバックスなど有名企業の商品配達を手掛けようと自陣営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン