/

長野・湯田中温泉の老舗旅館、京都の会社が再生

湯田中温泉街にある老舗旅館「望山荘」(長野県山ノ内町)が20日、「ホテル&リゾート きよみず望山荘」として改装開業する。京都市内で6件のホテルなどを運営する京都きよみず(京都市)が初の京都府外案件として事業再生した。訪日外国人観光客(インバウンド)や国内家族連れなどを主な顧客層として、年間7000万円の売り上げをめざす。

宿泊者同士の交流スペースを広く確保した

19日に開いた内覧会で京都きよみずの松本尚子代表は「温泉街のフリースタイルホテルとして湯田中の活性化に貢献したい」と話した。改装には総額5000万円を投じた。

望山荘は全14室で素泊まり1泊5000円から。多くは和室で一部の部屋にベッドを置いた。オープンキッチンやカウンターバーなど外国人に人気の設備もそろえた。

金融機関から旧望山荘への債権を引き受けたアイフル傘下のアストライ債権回収が事業再生先として京都きよみずを選定した。元の経営者は新ホテルで従業員として雇用するという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン