女性起業家を支援、横浜市 商業施設にブース出店

2018/10/19 22:00
保存
共有
印刷
その他

横浜市は19日、商業施設への出店を通じて女性起業家を支援する催し「輝く女性起業家プロモーションウィークス」を開始した。第1弾として同日、大型商業施設のマークイズみなとみらい(横浜市)で、女性起業家によるアクセサリー販売やワークショップをおこなうブースが6店舗オープンした。

林文子市長は同日の定例記者会見で「日本は女性の管理職がまだ少ない。女性のアントレプレナー(起業家)を育てていきたい」と述べた。

マークイズみなとみらいでの開催は23日まで。催し自体は2019年2月24日まで続き、京急百貨店(同市)やみなとみらい東急スクエア(同市)など計6カ所の商業施設で順番に同様のブースを設ける。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]