2018年12月13日(木)

飲食店の食品ロス削減、アプリで支援 リアーズ

小売り・外食
関西
シェアエコノミー
2018/10/19 20:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飲食関連サービスのリアーズ(大阪市)は飲食店の食品ロス削減を支援する。予約のキャンセルなどのため余った料理を消費者に提供する仕組みを開発し、専用アプリを活用したサービスを25日に始める。飲食店は集客効果も見込める。

飲食店と消費者が専用アプリ「フードパスポート」に登録する。飲食店は仕込みすぎたり、キャンセルが出たりして余った料理を撮影する。アプリに写真やメニューの内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報