/

この記事は会員限定です

山梨県議会議長4年で5人、3回生議員「回り持ち」

(列島追跡)

[有料会員限定]

山梨県議会定例会初日の9月19日、自民党会派の誠心会に属する当選3回の河西敏郎氏が第127代議長に就いた。2015年の県議選から議長は5人目。19年4月の統一地方選まで任期は7カ月足らずだ。「あきれた」「ありえない」。猫の目のような交代ぶりに県民は冷ややかだ。

議長は昭和から自民党系最大会派の当選3回の県議が、任期の4年間を分け合って務める。地方自治法が制定された1947年から延べ83人の議長が誕...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン