/

この記事は会員限定です

福島の酪農再生へ 復興牧場奮闘

(東奔北走)新たな施設計画 若手人材育成

[有料会員限定]

東日本大震災と東京電力福島第1原子力発電所の事故の後、福島市に誕生した乳牛の牧場に注目が集まっている。被災した酪農家らが運営する復興牧場「フェリスラテ」だ。高く掲げる旗は酪農の再生、そして人材の育成だ。年内には、原発事故の被災地に新たな牧場を設ける計画。福島の農業の復興を支える取り組みは着実に強まっている。

福島市の中心部から西へ車で約20分。吾妻小富士など豊かな山々を見上げながら桃やリンゴの果樹...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン