2018年11月15日(木)

化粧品成分の皮膚薬、使用後メーク可 薬局で販売 前田薬品工業

ヘルスケア
北陸
2018/10/20 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医薬品製造受託の前田薬品工業(富山市)は化粧品感覚で使えるかゆみ・発疹治療の一般用医薬品(大衆薬)を開発した。化粧品に使われる成分を薬に加えることでベタつき感を抑え、使用後もメークができるのが特長だ。全国のドラッグストアに売り込み、早期に年間1億円以上の売り上げを目指す。

新しい大衆薬「マイフェナ」は非ステロイド性の抗炎症成分に加え、化粧品に広く使われる肌のバリア機能や水分保持を助ける成分を含ん…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報