2019年8月19日(月)

自民・下村氏、改憲案提示の意向伝達 公明・北側氏らに

2018/10/19 23:20
保存
共有
印刷
その他

自民党憲法改正推進本部の下村博文本部長は19日、公明党の北側一雄憲法調査会長と国会内で約30分間、会談した。24日に召集される臨時国会の衆院憲法審査会で、3月にまとめた自民党の改憲案を提示したい意向を伝えた。北側氏は野党が反発する可能性を指摘し、丁寧に対応する必要があるとの認識を示した。

両氏とも24日に召集される臨時国会で衆院憲法審の幹事を務める。安倍晋三首相は当初、臨時国会に発議を前提とした改憲原案を提出する構えだったが、他党の理解が得られないとみて、憲法審で条文案を提示するにとどめる方針にした。公明党側は「自民党が案を説明すること自体は邪魔しない」としている。

下村氏と北側氏との会談では、衆院で継続審議になっている改憲手続きを定める国民投票法改正案についても協議し、臨時国会で成立を目指す方針を確認した。

下村氏はこの後、国民民主党の原口一博国会対策委員長とも都内で会談した。衆院憲法審の運営などを巡り、協力を呼びかけたとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。