2018年11月14日(水)

バーチャル治験を開始 米調査会社、費用を25%カット

ヘルスケア
2018/10/19 18:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米調査会社IQVIAは、患者が自宅などで医薬品の臨床試験(治験)に参加できる「バーチャル治験」のサービスを米国で始めた。7月からスタートしており、日本でも近く営業活動を始める。医薬品の臨床試験費用の削減は製薬企業の重要課題となっており、期間短縮やコストダウンの効果を訴える。

このサービスは患者に渡すタブレットなどの端末を通じ、医師や看護師など医療関係者をオンラインで結んで治験をスムーズに進める。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報