殺害疑惑 サウジの誤算 特任編集委員 脇 祐三
米国頼みも批判厳しく

2018/10/21 19:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サウジアラビアの著名なジャーナリストが殺された疑惑が、国際政治の焦点になっている。サウジ政府は20日、記者の死亡を認め、関連する政府高官の更迭を発表したが、説明には不自然な点が多い。絶大な権力を握るムハンマド・ビン・サルマン皇太子の政治姿勢への疑念も強まり、サウジは国際的な信用を失いかねない。同皇太子を重要なパートナーとして親密な関係を築いてきた米国のトランプ政権も、深刻な打撃を受ける。

10月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]