2018年11月18日(日)

AI使い投信、膨大なデータから法則 実績これから

コラム(テクノロジー)
AI
科学&新技術
2018/10/20 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)を使う投資信託、AI投信が増えている。企業の業績や株価の推移など膨大なデータを分析し、有望な投資先を選び出す。AIが人間には分からなかった相場の特徴などを見つけだし、運用益への期待は大きい。しかし実績はまだ乏しい。データによって成績が左右され、中長期の見通しが苦手などの弱点が分かってきた。

アセットマネジメントOneは2017年、AI活用型世界株ファンド「ディープAI」を設定した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報