/

JR東海が静岡県に協定案提示 リニア工事、湧水巡り

リニア中央新幹線の南アルプストンネル静岡工区の環境対策を巡り、JR東海は19日までに静岡県に協定案を提示した。トンネル工事で生じる湧水について「原則として全量を大井川に流す」と県側の主張に歩み寄った表現を明記した。

一方、川勝平太知事は19日の記者会見で「原則としてと付くのはやや中途半端。いくつか確認する必要がある」と述べた。同工区の本体工事着工に必要な協定書の締結に向け、今後も両者が協議を続けることになった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン