/

この記事は会員限定です

日本ワイン表示厳格化 「王国」山梨、思い交錯

甲府支局長 三浦秀行

[有料会員限定]

日本で作られるワインの表示ルールが30日から厳しくなる。国産ブドウだけを使い、国内で醸造したものしか「日本ワイン」をうたえなくなる。産地を表示する場合、その地で取れたブドウを85%使う必要がある。ワイン王国、山梨県にとって商機に映るが、単純ではない。問題は原料の生産減。確保が難しいと産地表示を見送る例もある。

最高位品をPR

「日本ワインを広める好機」。甲州市勝沼町で明治から続くワイナリー、シャトー勝沼の今村英香...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン