/

最優秀はインテル不揮発性メモリー、日経 xTECH EXPO

日経クロステック

日経BP社は2018年10月18日、開催中の「日経 xTECH EXPO 2018」で出展された全ての製品・サービスのなかから選定した「日経 xTECH EXPO AWARD 2018」を発表した。最優秀であるグランプリには、インテルの新しい不揮発性メモリー技術「Intel Optane DC」を選んだ。

審査員から高く評価されたインテルの不揮発性メモリーモジュール「Optane DC persistent memory」

Intel Optane DCの中で審査員から最も高く評価された「Optane DC persistent memory」は、DRAMに準じるアクセス速度の不揮発性メモリー「3D Xpoint」を搭載した、企業向けストレージ/メモリーモジュール。サーバーのメモリースロットに差し込むことで、テラバイト級の不揮発メインメモリーを比較的安価に実現できる。長らくDRAMをメインメモリーとしてきたコンピューターのアーキテクチャーを一変させるインパクトを持つ製品と高く評価された。

インテルブース

今回の日経 xTECH EXPOでインテルは、Optane DC persistent memoryの実機を持ち込み、同社ブースで展示している。試作品であるため、メディアを含めて写真の撮影や公開が禁じられている。次世代メモリーの唯一無二の現物が見たければ今すぐブースに駆けつけるしかない。

準グランプリは次の7製品・サービスに決定した。

準グランプリ、ラズパイでブロックチェーンや介護IoTなど

QDレーザ「RETISSA Display」(ウエアラブル賞)

人の網膜に直接映像を投影するコンパクトなHMD(ヘッドマウントディスプレー)、製造ラインの異常を検知する(あらゆるモノがネットにつながる)IoTの新基軸、高精度な設備やインフラ点検手法、画期的なセキュリティー技術、超低価格なブロックチェーン基盤、プライバシーを配慮した介護IoTと幅広い分野のユニークな製品・サービスがそろった。なお、準グランプリでは受賞製品・サービスの特徴に即した副題が付いている。

サイバーリンク「PerfectCam」(コミュニケーション賞)
コア「においトライアルキット」(産業IoT賞)
フェーズワンジャパン/ジェピコ「iXM-RS150F」(社会インフラ賞)
Safer Connected World「AppGuard」(セキュリティ賞)
ラブロック「RABLOCK BLOCKCHAIN PLATFORM」(ブロックチェーン賞)
インフィック・コミュニケーションズ「『LASHIC』シリーズ」(ヘルスケアIoT賞)

準グランプリ・ウエアラブル賞を受賞したQDレーザ「RETISSA Display」はレーザー光によって人の網膜に直接映像を投影するヘッドマウントディスプレー。フレームの内側にプロジェクターを内蔵したことで小型化に成功し、鮮明な画像を表示できる。

準グランプリコミュニケーション賞を受賞したサイバーリンク「PerfectCam」はウェブビデオ会議用のプラグインソフト。カメラで撮影した映像をリアルタイムで加工し、相手に表示する。顔認識技術と拡張現実(AR)技術を用いて、化粧をしているように見せる「バーチャルメイク」「人工知能(AI) 背景ぼかし」機能などを備え、テレワーク時代のプライバシーに配慮した。

準グランプリ・産業IoT賞を受賞したコア「においトライアルキット」はにおいセンサーを備える「においセンサBox」を使ったIoT異常監視ソリューション。においのかすかな変化を24時間365日にわたり監視することで、生産工場での生産設備の変調、電力設備の火災、鉄道駅や車両の異常などを早期に検知できる。

準グランプリ・社会インフラ賞を受賞したフェーズワンジャパン/ジェピコ「iXM-RS150F」は土木・建築の構造物の点検に使う、1億5000万画素の測量カメラ。50メートル離れた場所から0.2ミリ幅のクラックを映し出せ、ドローンなどとの組み合わせで社会インフラの点検を大幅に省力化できる。

準グランプリ・セキュリティ賞を受賞したSafer Connected World「AppGuard」(開発元はBlue Planet-works)はマルウエアによる被害を防ぐPC向けセキュリティソフト。マルウエアに感染してもデータの破壊や漏洩などの被害が発生しないようにする画期的なセキュリティソフトだ。

準グランプリ・ブロックチェーン賞を受賞したラブロック「RABLOCK BLOCKCHAIN PLATFORM」は手のひらサイズのマイコンボード「Raspberry Pi(ラズベリーパイ、通称「ラズパイ」)」を使った、ブロックチェーンの基盤。ロックチェーンの利活用方法を探るためのPoC(概念実証)を約10万円からと、安価に実施できるようにする。

準グランプリ・ヘルスケアIoT賞を受賞したインフィック・コミュニケーションズ「『LASHIC』シリーズ」は要介護者の日常生活や行動を見える化するヘルスケアサービス。赤外線センサーや照度センサーを組み合わせて、カメラを使わず、プライバシーに配慮した形で要介護者の健康状態を正確に把握できる。

(日経 xTECH EXPO 2018特別取材班)

[日経 xTECH 2018年10月18日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン