/

エクアドル政府、ベネズエラ大使を国外追放

【サンパウロ=外山尚之】南米エクアドル政府は18日、同国駐在のベネズエラ大使を「ペルソナ・ノン・グラータ」(好ましからざる人物)に指定し、追放することを決めたと発表した。かつてエクアドルは反米左派国としてベネズエラと密接な関係にあったが、両国の間には亀裂が生じている。

エクアドルには多くのベネズエラ難民が押し寄せる(9月、エクアドル北部トゥルカン)

エクアドルのモレノ大統領が9月の国連総会で同国にたどり着くベネズエラ難民について言及したことについて、ベネズエラのホルヘ・ロドリゲス通信情報相が「嘘つきで、大げさに話している」と非難したことに対応した。

かつて反米左派国だったエクアドルは近年、米国との関係改善を進めており、ベネズエラと距離を取っていた。経済が崩壊状態のベネズエラからは難民が周辺国に流出しており、エクアドルでも社会問題となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン