2019年4月24日(水)

パーキンソン病の治療薬候補、患者のiPS細胞で発見 慶大など

2018/10/19 1:00
保存
共有
印刷
その他

慶応義塾大学の岡野栄之教授らとエーザイの研究グループは、遺伝性パーキンソン病の治療薬につながる候補物質を発見した。患者のiPS細胞からつくった神経細胞で効果を確認した。すでに高血圧の治療薬として使われている物質で実用化しやすい。成果は19日、米科学誌「ステムセル・リポーツ」(電子版)に掲載される。

パーキンソン病は手足などが震え、動きにくくなる神経の病気。ドーパミンという物質を出す脳の神経細胞が壊れて発症する。今のところ根治は難しい。

チームはまずPARK2という遺伝子が変異して病気を発症した患者のiPS細胞から神経細胞を作製。約1200種類の既存薬で調べた。その結果、高血圧の薬として使われる「ベニジピン」という物質が、最も神経細胞が壊れにくかった。別の遺伝子が変異している患者の細胞でも効果がみられた。

詳しく調べると、患者の神経細胞にはカルシウムが取り込まれ過ぎていることが判明。ベニジピンはカルシウムが取り込まれ過ぎるのを抑え、細胞を壊れにくくしているとみられる。

チームは患者の脳内に近い試料でも調べる。効果が得られれば治療薬としての実用化を目指す。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報