/

パーキンソン病の治療薬候補、患者のiPS細胞で発見 慶大など

慶応義塾大学の岡野栄之教授らとエーザイの研究グループは、遺伝性パーキンソン病の治療薬につながる候補物質を発見した。患者のiPS細胞からつくった神経細胞で効果を確認した。すでに高血圧の治療薬として使われている物質で実用化しやすい。成果は19日、米科学誌「ステムセル・リポーツ」(電子版)に掲載される。

パーキンソン病は手足などが震え、動きにくくなる神経の病気。ドーパミンという物質を出す脳の神経細胞が壊れて発症する。今のところ根治は難しい。

チームはまずPARK2という遺伝子が変異して病気を発症した患者のiPS細胞から神経細胞を作製。約1200種類の既存薬で調べた。その結果、高血圧の薬として使われる「ベニジピン」という物質が、最も神経細胞が壊れにくかった。別の遺伝子が変異している患者の細胞でも効果がみられた。

詳しく調べると、患者の神経細胞にはカルシウムが取り込まれ過ぎていることが判明。ベニジピンはカルシウムが取り込まれ過ぎるのを抑え、細胞を壊れにくくしているとみられる。

チームは患者の脳内に近い試料でも調べる。効果が得られれば治療薬としての実用化を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン