/

航空機事故想定し訓練 成田と羽田、救助手順確認

成田、羽田両空港で18日、航空機事故を想定した訓練があった。それぞれ空港関係者や警察、消防などが参加し、負傷者の救助や治療の優先順位を決めるトリアージなど対応の手順を確認した。

航空機事故対応の訓練で、乗客役を運び出す救助隊員(18日、成田空港)=共同

成田空港では約1200人が参加。旅客機が着陸に失敗してエンジンが突然爆発、漏れた燃料に引火して機体が炎上し、多数の死傷者が出たとの設定で実施した。実際に消防車が駆け付けて放水し、救助隊員が機内から乗客役を次々と運び出した。

成田空港で行われた訓練で、トリアージなど対応の手順を確認する関係者(18日午後)=共同

トリアージでは、けが人の情報をスマートフォンで関係機関が共有する実証実験も取り入れ、負傷者役は救急車やヘリコプターへ運ばれた。

羽田空港では、着陸に失敗した航空機が海に突っ込み、多数のけが人が出たとの想定で、警視庁や東京消防庁、航空会社などの約300人が参加した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン