/

この記事は会員限定です

リスク恐れず… 保証付き融資、バブル期以来の低水準

中小企業の業績改善やマイナス金利背景

[有料会員限定]

金融機関が中小企業への融資に積極的になっている。企業が債務を返済できなくなったときに肩代わりする信用保証協会の保証を付けた融資は、バブル期の1991年度以来の低水準。一方、銀行による設備資金融資は2008年のリーマン危機後の10年度を底にほぼ右肩上がりで増えている。マイナス金利や景況感の改善を背景に、貸し倒れのリスクを恐れずに融資している実態が浮かんだ。一部には危うさも垣間見える。

「うちは3カ月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1683文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン