/

この記事は会員限定です

諏訪圏工業メッセ開幕 EVや省力化技術競演

[有料会員限定]

長野県最大級の工業展示会「諏訪圏工業メッセ2018」が18日、諏訪市で開幕した。全国から出展の問い合わせが増え、2002年のイベント開始以来最多の575ブースが設置された。EV(電気自動車)へのシフトに伴う関連技術や、人手不足を背景に生産性向上の取り組みなど、金属加工や電気・電子など多分野にわたる企業が技術をPRする。

「どのような技術を生かしているのですか」「EVシフトの状況はどうですか」――。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り831文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン