2019年5月21日(火)

KYBの免震装置 敦賀原発や新湊大橋にも 改ざんは調査中

2018/10/19 7:30
保存
共有
印刷
その他

油圧機器メーカーのKYBによる免震・制振装置の検査データ改ざん問題で、新湊大橋(富山県射水市)に使われた制震オイルダンパーに不正があったことが明らかになった。このほか、北陸3県の庁舎や原子力発電所などでも不正の疑いのある装置が使われている。該当施設を管理する自治体や組織は、KYBや施工者への確認作業に追われている。

新湊大橋ではKYBの子会社製の制振装置が24本使われており、内2本はデータ改ざんが判明している。富山県の公共施設ではこのほか、3件で不正の疑いのある製品が使われていることを県が発表している。

富山県の石井隆一知事は18日の定例会見で「大変遺憾だ。権限のあるのは政府なので、こういったことが2度とないようにしっかりやっていただきたい」と述べた。事業者に対する指導や法的措置の必要性にも触れた。

このほか福井県では日本原子力発電の敦賀原子力発電所(敦賀市)など2件、石川県では1件で不正の疑いのある製品が使われていることが判明している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報