/

順天堂大 医学部入試で第三者委員会

大学医学部の入試の公正さに疑いが持たれている問題を受け、順天堂大は18日、弁護士らによる第三者委員会を設置したと発表した。

順天堂大は文部科学省の調査で、医学部入試の合格率に顕著な男女差があることが明らかになった。同省の訪問調査を受け、こうした点などについて指摘されたことから、「事実調査及び検証、並びに必要な対応の提案を行う」として第三者委員会の設置を決めたという。結果については「速やかに公表する」として、具体的な日程は明らかにしていない。

医学部入試を巡ってはこれまでに東京医大と昭和大が、不適切な得点操作があったと認めて釈明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン