2019年9月23日(月)

米中衝突、市場が暴く誤算  本社コメンテーター 梶原誠

梶原 誠
本社コメンテーター
2018/10/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英調査会社コンティニューム・エコノミクスのアジア担当ヘッド、ジェフ・ウン氏は今週、先のバリ島での20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を現地でリサーチした結果、中国株に悲観論を打ち出した。「回復するにしても来年半ば以降」。米中貿易戦争が焦点だった同会議中に株価急落が世界に波及、当事者である中国の株も激しい売りを浴びた。

ウン氏に限らず貿易戦争への市場関係者の失望は深い。世界的な株安は米…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

梶原 誠

本社コメンテーター

グローバル市場

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。