2019年7月17日(水)

19年度税制改正、与党は消費税対策に重点
駆け込み・反動減に 業界団体から聴取

2018/10/18 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

与党は年末にとりまとめる2019年度税制改正大綱に向けて、業界団体の要望を聞き始めた。政府は19年10月に消費税率を8%から10%に引き上げ、増税前の駆け込み需要とその反動減を抑える対策をとる方針だ。与党は住宅や車の取得にかかる税の減税や、事業者が一斉に増税分を価格転嫁することを防ぐ策を検討する。

安倍晋三首相が15日に10%への引き上げとそれに伴う対応を発表したことを受けて動き出した。公明党が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。