TSMC、今期売上高予想を下方修正 仮想通貨など不調

2018/10/18 20:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)は18日、2018年12月期の売上高見通しを引き下げた。前期比約6%増と、10%弱増とした従来予想を下回る。価格下落に直面する仮想通貨向けの不調が主因だ。米中貿易摩擦の影響も出てくる見通し。長く好調が続いた半導体市況に変調の色が濃くなってきた。

18日に台北市内で開いた18年7~9月期決算会見で何麗梅・最高財務責任者(CFO)は「10~12…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]