2018年11月14日(水)

中国市場、動揺止まらず 上海株、4年ぶり安値
人民元も10年ぶり安値視野

中国・台湾
2018/10/18 20:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=張勇祥】中国金融市場で動揺が続いている。代表的な株価指数である上海総合指数は18日、ほぼ4年ぶりの安値になった。人民元も対ドルで10年ぶりの安値が視野に入る。米金利上昇で中国との金利差が縮小し、マネーが中国から流出するとの懸念が出ている。米国との貿易戦争や景気減速などマイナス材料が増えており、中国発の市場変調が世界に波及するリスクもある。

18日の上海総合指数は前日比2.9%安と、201…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報