/

この記事は会員限定です

セブン&アイ、カード決済の安全性向上 カード番号を店に残さず

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスはクレジットカード決済の安全性を高める。セブンイレブンの全2万店超でICチップを読み取る決済を23日から導入する。顧客のカード番号を店のレジ端末に残さない仕組みにするのが特徴。国内外でデータ流出問題が相次ぐなか、偽造カードの利用や不正アクセスによるカード情報の流出といったリスクを抑える。

6月に施行された改正割賦販売法では、クレジットカードを扱う全加盟店にICクレジットカードへの対応やカード情報を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン