関西発「スポーツCAFE」

フォローする

Bリーグ関西勢「東高西低」打破へ 集客でも知恵

2018/10/21 6:30
保存
共有
印刷
その他

男子プロバスケットボール、Bリーグの3季目が10月に開幕した。B1の関西3チームは14日の第2節終了時点で大阪、京都が3勝1敗、滋賀が2勝2敗の滑り出し。各チームとも目標はチャンピオンシップ進出で、全18チーム中の8強を目指す一方、集客面も含めた「東高西低」を打破しようと、観戦の魅力を高める仕掛けにも知恵を絞る。

京都は昨季、西地区2位でチャンピオンシップに初進出。8季目の浜口炎ヘッドコーチ(HC)の下、さらに上を狙う。第2節の横浜との初戦は同点の残り21秒、岡田優介の3ポイントシュートで劇的勝利を収めた。

大阪は第2節の福岡戦で2連勝を飾った(13日)=大阪エヴェッサ提供

大阪は第2節の福岡戦で2連勝を飾った(13日)=大阪エヴェッサ提供

大阪は穂坂健祐・新HCが内部昇格し、西地区4位から巻き返しを図る。Bリーグ1季目以来の復帰となるジョシュ・ハレルソンがインサイドを強化し、得点、リバウンドを重ねる。

西地区3位だった滋賀は京都大アメリカンフットボール部前監督の西村大介取締役が10月に代表取締役最高執行責任者(COO)に就任。元A東京の伊藤大司ら新戦力の活躍で第2節に格上の川崎から1勝を挙げた。

出足好調の関西勢だが、リーグ王者は1、2季目とも東日本勢が占め、観客動員数でも「東高西低」が続く。昨季の1試合平均入場者数は千葉が5196人と断トツで、2位北海道、3位栃木。関西勢では大阪が3007人の8位とB1平均の2897人を上回ったが、滋賀は2326人で14位、京都は2092人で16位にとどまった。

ファン動員の王道はもちろんチーム強化だ。ただ、各チームはまず認知度のアップや、ホームアリーナの魅力を知ってもらうことにも知恵を絞る。

大阪はホームアリーナでの試合前のイベントで、デジタルアート制作会社のチームラボ(東京・千代田)が手掛ける光と音による演出を実施。今季は来場者が触れると色が変わるボールを導入し、「一体感を楽しめるよう進化させた」(広報部の田中美紗紀さん)。

滋賀は10月にホームで行う平日夜の4試合で、ビールの祭典「オクトーバーフェスト」を開催。仕事帰りの会社員らの観戦に期待する。京都はチーム創設10周年を機にあらためて地元密着度を高めようと、アリーナ周辺の半径3キロ圏内で地域イベントなどへの露出を強化。ミニバスケットゴールを近隣の幼稚園などに贈る活動も展開する。

開幕前に所属選手がアジア大会で不祥事を起こし、各クラブともこうべを垂れて始まった今季。「信頼回復を第一に」を合言葉に、今まで以上にファンに寄り添うシーズンになる。

(影井幹夫)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
京大戦で相手QBに襲いかかる神戸大ディフェンス陣(11月)

 2019年の大学アメリカンフットボールは関学大(関西2位)が甲子園ボウルで早大(関東1位)を38―28で下し、2年連続30回目の優勝を果たした。この10年間では関学大が7度、立命大が2度学生王座に輝 …続き (2019/12/29)

土田琉偉さん(中)は今季終了までチームの一員として活動する

 男子プロバスケットボール、Bリーグの大阪エヴェッサが10月末、1人の小学生の「入団式」を行った。長期療養を必要とする子どもをチームに迎え、復学や自立を支援するプロジェクトに協力するもので、昨季に続き …続き (2019/12/1)

ボールを手にパスの標的を探す神戸大のQB是沢(中央)

 アメリカンフットボールの関西学生リーグで昨季5位の神戸大が旋風を巻き起こしている。昨季3位の関西大に11年ぶりに勝利し、関西学院大、立命館大の2強には敗れたものの、上位校との対戦を終え2勝2敗。関学 …続き (2019/10/6)

ハイライト・スポーツ

[PR]