2018年11月14日(水)

テレワーク、香川でじわりと浸透
多様な働き方、人口減に備える

働き方改革
サービス・食品
中国・四国
2018/10/18 17:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

働き方改革のひとつとして、自宅などで働くテレワークが、香川県内でもじわりと広がってきた。県が実験的に開始するなど、官民ともに多様な働き方を推進している。香川は四国内で有効求人倍率が最も高く、人手不足が深刻化しており、柔軟な勤務で多くの人が活躍できる環境を整える。

香川県人事・行革課に勤務する藤井浩基さん(48)は午前8時15分ごろ、三男を保育所に預けた。その後、県庁には向かわず自宅に戻った。自室…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報