/

この記事は会員限定です

建機レンタルに管理士の新資格 「採算度外視」歯止め期待

[有料会員限定]

今年は台風や地震など自然災害が相次いだ。被災現場では復旧に向け、多くの建設機械が稼働中だ。日本建設機械レンタル協会(東京・千代田)は月内にもコンプライアンス(法令順守)などの管理能力を認定する新たな資格制度を始める。整備不良の機材を貸し出すなどのトラブルを防ぎ、業界の地位を高める。

資格名は「建設機械レンタル管理士」。営業所の所長らを対象に業界の法律や財務、法令順守の知識を問う。2020年には全営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り403文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン