高校生に消費者教育 18歳成人で実践的授業

2018/10/19 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2022年に成人年齢が18歳に引き下げられると、18、19歳は親の同意なしに契約が結べるようになり、トラブルが頻発すると危惧されている。被害にあわないための消費者教育は待ったなしだ。対応を急ぐ学校現場の動きを追った。

■寸劇で被害紹介 都立高校の「考える授業」

「キャッチセールスの被害にあいそうになった若者は、どういうつもりで対応したと思いますか」。生徒5人が寸劇を演じた後、家庭科の荒井きよみ教諭…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]